大阪府下で外壁塗装・屋根塗装をするなら "外壁塗装 見積もり比べ隊" でまず無料お見積りを!

大阪府版
お電話でのお問合せ・資料請求
トップ > 見積もり書の正しい見方
見積もり書の正しい見方

最終的に見積書の内容を見てご判断されることと思いますが、この「見積書」には決まった形式がありません。

ですので、外壁塗装業者によって記載内容についても必ずバラつきがあります。
では、何を判断基準にすればよいのでしょうか?

見積もりは複数社(3社くらい)から取る

相見積もりを取る際に重要なことは、できるだけ条件を揃える、ということです。
工事の値段は当然その内容によって異なりますので、価格だけの比較は危険です。
下記も是非、ご参考にしてください。

工事内容が明確であること

外壁塗装工事 一式 ○○万
と書かれていても、細かい工事内容がわからないですよね。

例えば、雨戸は塗るのか?どんな塗料を何回使うのか?など、明確で詳細な見積もりが必要です。
最初は安い金額で見積もって、後から追加請求する業者もいますのでご注意下さい。

塗料を一種類ではなく、いくつか提案できること

経験の浅い業者や利益だけを追求する訪問販売業者は、単一の塗料を売りたがります。
多種多様な工法や機能などの知識がなく、説明ができないからです。
ですので、最終的な見積もりは適切な塗料をいくつか提案(見積もり)してもらいましょう。

塗装面積が明記されていること

塗装工事面積が正しく測られて、明記されていることが大切です。
当然、塗装面積によって塗料の使用量も異なり、金額も変わってきます。
ですので、塗装面積の算出方法などの根拠をきちんと説明してもらいましょう。
業者によって塗装面積が大きく違う場合があります。

まずは、無料・匿名で、塗装業者に相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積もりを出す塗装業者からの提案を受けてみませんか?

詳しくは、資料請求をして下さい。

24時間受け付け 簡単資料請求フォームはこちら
お急ぎの方はお気軽にお電話下さい
無料の資料請求をする
サイトのご案内 これだけは知っておいてください 外壁塗装のパートナー会社様募集中! 運営会社
(株)JGSO
大阪市西区西本町1-13-38
tel 06-6556-6200